ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月29日の土曜日に大阪にいってきました。

スチャダラ2010~浪速恋シグレン~に行きたくて!
大阪のライブに行くのははじめてでありました。

さて、スチャダラパー20周年をお祝いする、5月9日に東京、日比谷野音で行われたライブには錚々たるメンツが顔を揃えたわけですから、期待せず・・・と思いながらもなんか思ってしまうわけで。
とくにオが付く人登場への淡い期待など。
詳細はナタリーにてw

さて当日はもう午前中から会場について、のんびり。
大阪城公園。のどかで、それでいていろんな人がいてまた不思議な雰囲気。
IMG_5819.jpg
大阪だからたこ焼きたべたい。ということでググって買いにいきました。
IMG_5820.jpg
リハから会場のあたりをうろうろ。
ハナレグミがリハをやっていた。「ネタバレじゃん!」と思ったけれど、どうやら永積さんは全然決めずにステージに立つらしく、リハでやっていた曲は本番でやりませんでした(笑)
バンドメンバーにも知らせないんだってよ。
IMG_2864.jpg
BOSE氏のブログより拝借。
ファン一同すごいなー

大阪、浪速恋シグレンの司会は麒麟。
「恋シグレン?」
「れ~ん!」というよく分からないコールアンドレスポンスを要求されること多数。
また、川島さんは出演の終わったアーティストに「今のお気持ちは何シグレンですか?」というムチャぶりもし続けていました。

neco眠るのあとにエゴ・ラッピン、そしてハナレグミ、TOKYO No.1 SOUL SETと続いていきます。
なんだろうね、永積さんは声がステキすぎて普通に話すだけでおもしろくなってしまいますね。
相変わらず歌うますぎて、鳥肌たちました。
人が歌うの聞いてこう体内が沸き立つ感じがします。
すごいよまったく。


さて、メインであるスチャダラパーはといいますと、「巻き」であるということで、SDPらしいだらだらスタイル。
序盤はなつかしい曲満載で俄然テンションあがりました。
しかしながら、BOSE的には盛り上がりにかけんな~という感じなのか「ブギーバック以降?ですか、みなさん?」という自虐しつつもちょいと皮肉をいいつつのボーズらしいMCもはさみ。
ゲームボーイズやコロコロなるままなども聴けたよ。
40にもなろうおっさんがかわいすぎて、黄色い声をあげましたw

また一番の盛り上がりというところ(ボーズ談)にて
ピンクのベストを着た人、春日のコスをした人が登場。
よくよくみると瀧だった。
瀧トークも炸裂、パンチ力あるなw
「小沢くんの楽屋が見あたらないんだけど?」w
わずかな観客の期待を打ち砕く瀧www
そして瀧 Vs ANI
さらに、春日コスをした卓球も登場。
期待を裏切らずに聖☆おじさんw

感動したw

IMG_5822.jpg
終盤にうつり、そこで大阪野音の音量規制についてBOSEがディスりw(だから音が小さかったのか?!)
最後は彼方から手紙。

ただでさえ名曲なのですが、急逝したKAGAMIさんのことを思わずにはいられないのか
「KAGAMI死んじゃったよー」と挟み、言葉につまり、もう少し、なきながらのBOSE。
聞き入りました。
そうだよなぁ。
もう昔みたいに私にとっても誰かの死がただの他人事ではないのでいっそう。
そして、やはりこの曲は間違いなくそういう歌だったのねといまさらながら。

というわけで、アンコールはみんなでブギーバックして、楽しく幕が閉じられました。

とてもとても素晴らしかった。
こられて良かったな。

私なんてSDPは完全に後追いも後追いですが、だからこそ今ちゃんとSDPの曲が聴けるのがうれしい!間に合ってうれしい!

IMG_5825.jpg恋シグレンいきたい!と思うに至った、会場限定販売の「余談」もしっかり買えて満足。
なんて豪華な内容w

楽しい土曜日でございました。

スポンサーサイト

| LIVE♪ | T(0) | C(0)
正直、行ったら負けだと思っていた。
行ったら、わたしが「卑屈」であることを認めてしまう、そう思っていた(笑)

でも、それでも私は行ってしまったのです。
エレ片フェス2010に・・・
私を後押しした理由は2つ

1,横浜である
2.春から社会人

2階席の発売もまた、私をあと押しし、チケットを購入しわくわくと行ってまいりました。
以下、長いです


| LIVE♪ | T(0) | C(0)
もうだいぶ前?になってしまいますが、円盤ジャンボリー1日目行ってきました。
ずっと見たかったかえる目。
二階堂さん、そして二階堂さんとかえる目。
復活したGellers。

おでんを食べながら聴いた浜野さん(SAKEROCK)のNEWDAYも想像以上にwよかったです。あとどう見ても元気なドラムのおじさんが、かえる目の方と一緒だと知ったときは驚いたw
だって、かえる目では鳴っているのかいないのかぐらいだったから。


まさにこの前の映像ですね。
ハマケンがUPしてるのかな?どうやらw
浜野さんの日記はこちら
「前で腕を組んで踊らずじっと聴くという音楽通男子たちを目の前に演奏」と書かれてますが、ほんとね男性ばかりでした。ていうか、なんかみんなちょっとずつ知り合い?みたいな感じに見えた。1人で行ったら間違いなく孤独を感じたことでしょう。

かえる目、comparenotesのmyspaceで聴けます。
このとんかつ岬という曲をね、ニカさんとやったのです。
すんごくかわいかった!!!感動したぜ。
ボーカルの細馬さんはなんていうかMCも小気味よい感じにボケが利いててステキでした。
おじさんです。なんていう空気をもった人なんだろ、お茶目なおじさんたちです。
細馬さんは大学の教授をされているということを知ったときはなにか納得するものがありました(笑)

あとは、告知の部分で「and more」だったのがGellersだったのです。
Gellers!!!!
トクマルシューゴもいるGellersです。
わたしライブ行ったことなかったから、行けぬ間に活動停止していたし見れてとてもうれしかった。
聴いたことのない曲もやっていたし、あとはトクマルさんがとても大きな声で歌っていたのが印象的。ステージ向かって左側のギターボーカルの人も好きな感じでした。適切な言葉見つかりませんがw
久しぶりにこうギターの音がおっきなライブ見たんだけど←、やっぱり身体にずっしりくる感じがしていい!ちゃんとこういうのも見ないと!!!と強く感じたのでした。
私はほんとに音楽的な語彙が貧弱すぎるせいで「あれっぽい!」とか適切な表現ができないんだけれど、一クセある感じで、こう爆発してる感じで(あってるのかこのたとえw)ステキでした。
ニコニコ、いやニヤニヤしてしまいました、楽しくて。

順番はゲラーズの前になるのですが、二階堂さんがね、ほんとにこの人がまた。
あの、山田洋次監督が寅さんの渥美清さんを表現するときに「人間の色気」があるという表現を使うそうなんですが二階堂さんはね、ほんとにその色気がある人だと思う。もちろん、歌のパワーも凄まじいのですが、グッとつかまれるかんじなのです。生でみると特に。
ただ、ドン・キホーテでお財布を落としたとお話されていたのですが見つかったのでしょうか・・・それが気になります。

ネス湖は全部見られなかったけど、静寂が美しい感じでした。


| LIVE♪ | T(0) | C(0)


ロックってこういうことなんだなー
音楽ってほんとに開かれたもので、みんなのもんなんだなーとか
本物は場所を選ばないんだなーとか・・・

日本の風土を感じた。
そしてニカさんはやっぱりすごい人だ。

力を感じるすばらしいライブ映像だとおもう!
おじさん、おばさんが飛び入りしたときの盛り上がり、内輪の笑い感がすごくよい(笑)



| LIVE♪ | T(0) | C(0)
年明けに開催される円盤ジャンボリーがすごく楽しそうです。
とくに、わたしが「!」となったのは1日目のmap祭りでしょうか。

初日はオープン以来ずっとお世話になっている企画集団mapの10周年記念スペシャル!!
雑誌「map」やレーベル「comparenotes」で数々の鋭い音楽を紹介、バックアップし続け、主催のお二人は現在それぞれ、雑誌「sweet dreams」と渋谷のベジ料理店「なぎ食堂」でも活動?いや「生活」しています。
音楽やなんやの表現と、生活とのスタンスの取り方で、円盤と最も近い感覚を持った同士であります。
1月9日(土)18:30 OPEN/19:00 START
長谷川健一(from京都)/かえる目/太田暁/ネス湖(松井一平 from teasi/寺井正太 from Gofish, NICE VIEW/村上ゴンゾ from LABCRY,マルオト/稲田誠 from ブラジル,PAAP)/タバタミツル/二階堂和美
and SPECIAL more!!!!!!
⇒円盤ジャンボリー - 円盤ジャンボリーNEXT !!


わたしは、このmapが選ぶものが大好きなのです。
大学時代、わたしが音楽をすごく好きになって、そして、そんななかで日本にすごい人達がいるってこと、すてきな音楽がいっぱいあるんですよ、っていうことを教えてくれたのがこのmapでありcompare notesだったように思います。
感謝してもしきれないです。ほんとに特別なのです。
いやはや、もうすでに、見たい方が勢揃いって感じだけれども、special moreというのがなにやら気になりますね。
(Gellersとかでないかな?笑)

それで、2日目も今度は

1月10日(日)16:00 OPEN/START
5F出演者:倉地久美夫(from福岡)+久下恵生 featuring 飯田華子(紙芝居)/ju sei+HOSE/ふいご+POPO(from神戸)/泊+稲田誠(from神戸)+香取光一郎(from沖縄)/柳家小春+遠峰あこ+イトケン+坂本弘道+宮野裕司/北村早樹子+坂本弘道/鈴木學RGB featuring 岡山守治、青山雅明&徳久ウィリアム/baritsu music today/丸尾丸子(from京都)/mamimi folksong
6F出演者:マコガーリ/TABATA(AMAZON SALIVA、ゼニゲバ、Acid Mothers Temple)/蔦木俊二(突然段ボール/村岡充(テストパターン from岡山)/半野田拓(from大阪)/尾上祐一/植野隆司(テニスコーツ)/Akihiro Kubota/道下慎介(LSD March、オシリペンペンズ from姫路)/中林キララ(オシリペンペンズ from大阪)/20 GUILDERS(タバタ+スズキジュンゾ)/フローズン・マリー(手相、タロット占い a.k.a三宅ヤスコ)


こんな感じでたのしそうなのですよ!
とくに、POPOが私はすごくみたい!!!
今年、かなり聴いてますから。
うー、いきたいよ!!!二日続けていきたい。

で、三日目ももちろん楽しそうなんだけど、わたし、バナナマンの握手会だから!
へへへ





| LIVE♪ | T(0) | C(0)


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 はながたそうしょく, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。