ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越してどれぐらいの月日が経ったろう。
いや、そんな曖昧にすることはない。はっきりわかっている。
引越して2ヶ月が経ったんだ。
もう、だいぶここの暮らしにもなれた。意外に快適である。
田舎もわるくない。
都会に未練を残しながら、そんなことを思う毎日。

いやいやそんなことどうでも・・・

引越してしばらく。しかしながら、学生時代、棚的な何かを持ち合わせていなかった私は困っていた。
決して多いわけではない。しかしながら、このあたりの書籍類どうすべきかと。
でも、棚とか高いし、あんまり気に入らないし・・・それなら!と思いつきました(思い出した)

板とレンガで棚をつくるよ!!!!!IMG_5831.jpgというわけで、日曜日の朝から自転車で近所のホームセンターにえっちら向い、板3枚、レンガ12個を購入。
レンガもどれにしようか吟味。

重いとかそんなの関係ねい!自転車でなんでもできる!と強い確信のあったわたくしは、カゴにレンガ、かごのうえに板3枚をのせ、ふらふらと自転車をこぎました。

誰にも会わなかった。
だいたい、田舎ではおどろくほど自転車にみんな乗らない。
みつかったら変な子だと思われてしまいます。

IMG_5837.jpgやるときは手を抜かないにんげんなので、まずニスを塗り・・・
IMG_5838.jpgヤスリがけをしてまたニスを塗りました。たのしい(にや)
IMG_5842.jpg朝から近くでうるさいトリ。

板も乾いたので、うきうきしながら設置。
IMG_1131.jpgあれw
どうやら、思ったより収納力はないみたいです。ぜんぜん足りないじゃない。このときすでに7時。しかしながら、わたし、あきらめの悪いオンナであります。思い立ったらやらねば気が済まない。こんなとき、体力の限界など感じないニンゲンであります。
走りました、自転車。
まだ、外は明るいのだ。
IMG_1134.jpg空も相当に美し・・・・


そして、その後レンガを買い足し、板1枚にも無事に夜な夜な暗闇のベランダで色を塗り、組み立ててみました。IMG_5849.jpgうわーーーー!これはどこからどうみても棚じゃない?
レンガの棚といってもわりと立派じゃない?(満足、満足)

しかしながらあれれ。
IMG_1152.jpg
あれれ。
IMG_5855.jpg全然収まらないという事実!!!!意外に持ち物は多かったみたいです。マンガががっちり棚にあるよりは、CDの方がいいかと思ったんだけど、そんなCDすら全部収まりきらず。横に寝かすしかないねん。


結果。
このさき、この棚の周囲にはたくさんのCDと本が積まれて行くことになるでしょう。




ものは増える。
そして、わたしは捨てられない。
いや、なにも捨てたくない。




トンカチ、のこぎり。
持ち出すのも時間の問題だと感じたある日の日曜日でございました。
血は争えないw
スポンサーサイト

| 図工 | T(0) | C(0)
今週もワークショップに行って参りました。先週は粘土で形作るところまで
そして、それらを素焼きしていただいて、今週はヤスリで削り色を付ける行程でした。

色付け。
実際の塗料の色と焼かれた後の色味はかわってくるということで、見本と照らし合わせながら。
うむ、この段階ではパステルカラーでファンシー。かわいいじゃないか。
この右端の非常に単純な形をしているのが、だいたい私がつくったもの。
IMG_5403.jpg
そして、この板全体に乗っかっているのが私たちがつくったものです。
IMG_5401.jpg真ん中のど派手なやつは、花器だという。私が想像していたように、作者である友人Aは豪快に色付けしていったので大変におもしろかった。彼女は高校の美術でも、実に潔く勇ましくキャンパスにむかっていたものだ。
焼かれるとどんな風になるのだろう。
楽しみ。
IMG_5405.jpgこれは、一緒にワークショップに参加していた名前も知らない、男の人の作品です。ものごしが柔らかくてすてきな人でした。作品をみてもそんな感じが伝わってくる。繊細な感じ。
IMG_5408.jpg独創的。さすが美大生。と思ってしまった。器用。そして、こう着眼点というか発想がもう違うと思う!いやはや。


こうみるとね、わたしのはどうみてもころっころとしていて、インパクトにかけますな。でも、一つ言えるのはそれでもわたしは自分がつくった感じのものが好きなんですねぇ←
そこに個性があるのかどうかはわからないけど、どこかで見たことあるような形ばかりだけど、まぁいいや、とw

焼きあがって家に届くのがたのしみです。
そして、機会があったらまたやりたいなぁ。
陶芸とかにもチャレンジしてみたい!

| 図工 | T(0) | C(0)
セラミック・チャームをつくるワークショップに行ってきました。
粘土に集中すること3時間(笑)
あっという間の時間でした。

IMG_5230.jpg
わたしの。
なんという単純な形なんだw
しかしながら、これでも「ネックレスにするんだー」とか「ブローチにする!」という願望のもとやっておりますよw
IMG_5228.jpg
わたしの友人。
いやはや、個性って出るもんですね。
右端のお花の数々は型をとってはりつけてるんですけど、それにしても豪勢だ。
あと、トイレにおくといって作られていた、便座、便器は秀逸w
その発想はさすがです。
もう1人の友人ももう「ザ独創的」だったよ。

他に参加されていた方々もとにかく力作揃いで、いやはや器用な方ってほんとにいるのね、というか人によって作るものってこんなに違うんだなぁとしみじみ感じました。

来週は着色!
すごく楽しみだな^^
ただ、あたしのは単純すぎてあっという間に終わりそうだけど(笑)


| 図工 | T(0) | C(0)
IMG_2772.jpg

このまえ家に遊びにきた友達に頂きました。
最近(もうだいぶ前からだけど)、もはやマスキングテープは一大ムーブメントになって・・・(遠い目)
こんなかわいいマスキングテープまで出てるんですね。

頂いて、袋開けて、そしてテープをみて私が叫んだ一言。
「わ、KAMOIじゃん!」

w

KAMOIがマスキングテープの老舗メーカーであることを力説。
いや、むしろ、いまブームを牽引してるのがむしろそうなんだから当たり前なんだけど。
マスキングテープに柄がつくのも常識的事項になったのね・・・


| 図工 | T(0) | C(0)
ゆこうゆこう銀座の街
ゆこうゆこう月光荘

そんなことをのせられるままに、口ずさみつつ初めて月光荘、行って参りました。
私の月光荘との出会いは京都。恵文社で。
もう、なにかとにかくスケッチブック1冊をとっても温かい気持ちになって、一瞬で惚れ込んでしまった。

いつか、銀座の本店にいこう!と思うこと2年www
ここに来てやっと行ってきました。
というのも、廃校フェスで月光荘のショルダーバッグをしてるひとがいて
「うらやましい!」と激しく思った、なんてことがあったから。

そして、昨日ついにはじめて行ってみたわよ!というわけです。

絵の具、スケッチブック、バッグ、見ていると店員さんがいろいろ説明してくれる。
おけいこバッグはちょうど入荷されたところということで、いろんな色(中央のホルン)があった。
お店の人も、「来てくれた方の特権だから^^」といって、いろんな色をみせて下さいました。
で、いくつかピックアップした後、鏡でみてみたら、「あ!これだ!」と思ったのがありそれを購入することに。
IMG_2696.jpg
もともと、ショルダーバッグが欲しい!と思っていたのでsuが、実用性を考え、無難にw
まんなかのホルンのマークは革です。
職人さんがひとつひとつ手作りしてるんだって。

IMG_2697.jpg
あとは、スケッチブックを数冊。
紙質がちがいます。
これもまた、職人さんの手でひとつひとつ紙が裁断され、そして、針金を巻いていってつくられているらしい。だからこそできる、針金が内巻のスケッチブック。
やぶっても無駄な紙も出ない!
すごい。
IMG_2701.jpg
あとは、紙クリップ!
かわいい^^
2個買ったので、1個友達にあげたんだけど、すごく喜んでもらえてそれもよかった。
なんか、あったかい。
存在感のある文房具であります。

なんだろう、すごく、ひたすらにワクワクする空間だった。
また、必ず行きたい。
ぜったい行くぞー!

| 図工 | T(0) | C(0)


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 はながたそうしょく, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。