ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛の2週間を過ごし、たくさんの大好きな人たちに会い尽くして横浜を去りました。
あまり、別れには感傷的にならないタイプですが、この4年間で会った人たちがステキすぎたなぁとしみじみと感じつつ、本当に有り難い時間を過ごさせてもらったなぁと思っています。

途中でブログは移転したものの、大学生活を通しいろいろをつづってくることができた。
ブログを振り返るとわたしの変遷が見て取れすぎて、現時点では恥ずかしいところも多々ありますがw
社会人になってもそれは変わりません。
うん、多分。

ちょっとまだ、忙しいのでなかなかブログにむかえないのですが、
社会人になっても、続けていきたいと思います。

毎日つぶやいてはいるのですがねw
春からの新生活、新しい土地で迎えることになりそうなので、関東じゃないと多少刺激的な部分に欠けるような気もしますが、地方の魅力を自分のなかで咀嚼しながら楽しい生活を送っていきたい。
うん、がんばります。

春、やはりなんだかんだすがすがしい、わくわくする。
楽しみに思えている自分に安心しつつ、がんばります!


スポンサーサイト

| ZAKKI | T(0) | C(0)
IMG_5647.jpg
朝、小包がとどいた、
ほんとに小包だ。
箱をあけてみると

IMG_5648.jpg
うひゃっ、お花だよ!

これ、「卒業式、袴を着るときの髪飾りをつくってくれない?」というわたしの要望にこたえて妹が、つくってくれたしろもの。
いやはや、どうやってつくってるんだ?



| オサレ | T(0) | C(5)
正直、行ったら負けだと思っていた。
行ったら、わたしが「卑屈」であることを認めてしまう、そう思っていた(笑)

でも、それでも私は行ってしまったのです。
エレ片フェス2010に・・・
私を後押しした理由は2つ

1,横浜である
2.春から社会人

2階席の発売もまた、私をあと押しし、チケットを購入しわくわくと行ってまいりました。
以下、長いです


| LIVE♪ | T(0) | C(0)
いよいよ時間がなくなってきました。
そして、言いたいこと。
時間が足りない!

いきたい場所がありすぎる
会いたい人が多すぎる

よく「卒業旅行いかないの?」といわれて「行かないですね、とくに」というと「もったいない!」と言われるのですが、私からすれば2週間とか旅行にいってその間に会えるはずの人にあえなかったり、行けるはずの場所にいけなかったりするほうがずっともったいないと感じる。

私はまだバイトをやっているのですが、それはバイト先の人たちが大好きだからだし。

ここにきって、鈍りきっていたわたしの「行動力」は遺憾なくはっきされてされていますw
木曜日、My space generation2010
金曜日 タムくんVSほそのくん
日曜日 エレ片フェス2010

そして来週も着々と・・・・

しかしながら、ここでわたしに襲いかかってくるのは、荷造りと買い物(スーツとかかばんとか?)
まだ、美術館にも行きたいし、鎌倉もいきたいし、IKEAもいきたいし・・・
できるなら、明日かあさってにVashti Bunyanもみたいのだけど(お金が)

時間たりん!

ふー
とりあえず、本日は部屋を片付けてやらなきゃをひとつ終わらせます!

| ZAKKI | T(0) | C(0)
IMG_5646.jpg
大学入学時に買ってもらったわたしのVAIO。
大学卒業前にして今にも死なんとしています。

前々から、完全に不調でありながらだましだましつかっていたのですが、ついにがんばんないと電源が入らなくなりました。
先日は、数々の処置を施すも起動されたと見せかけ、
主治医がいたなら「峠は越えました」と言いそうなところでのまさかの急変。
先生、心拍数落ちてます!
ピーーー
(無言)


ま、正しくは「ぶちっ」と電源が落ちるのですが。
日本人で留学経験すらないのに、思わず「F◯CK!!!!」と叫ぶこと数回。


しかしながら、昨夜、日中完全にもう逝ったフラグを立てながらも、帰宅後電源を入れ粘ること数十分。わたしの「君に届けを見せろ!」という強い思いが通じたのか←、奇跡的に蘇生しました。
先生、バイタル安定してます。
わたしは、報告したよ。

思えばこのPC,もともと積んでるメモリは512M(もしかしたら1Gだったかも)だったのにも関わらず、無理やりAdobe premiereを起動させ酷使したり、ファンのところのホコリをつまらせ吠えさせたり、さんざんなことをしてきました。映像をこのPCで編集していたときは、まさに恐怖。過剰な仕事に時にバイオはストライキを起こし、強制終了、データ消去という制裁を加えてきました。


しかしそれでも、メインをMac bookにうつしてからはうまくやっていたのです。
そう、だからもう少し仲良く付き合えるものだと思っていたのに。

バイオからの訴えを受理する形で、メモリを増設に挑戦したこともありました。
パソコンに限界があること、それぞれに能力があること、容量があること覚えたのはすべてこのバイオによって。いま、私は格段に以前よりたくましくなっている。バイオのおかげだ。

あぁ、バイオのことを考えたら、思い出したのは小学校のこくごでやった「エルフ ずーっとずっとだいすきだよ」




| ZAKKI | T(0) | C(2)
この1ヶ月かそこらで買ったマンガ。なんだ、このマンガ大賞なランナップはと言われてもなにも言えません。
だって、そうだから(笑)
もともと私はマンガ好きではなく、作者の名前とか言われてもぜんっぜんわからんのです。
活字が不足しているといてもたってもいられなくなる方もいらっしゃるみたいですが、そういうタイプでもない。あえて言うなら、雑誌が一番好きというかよく購入する書籍です。

それでも、うすうすマンガを読まないことは何か大切なものを逃していることには気づいていました(大げさ)
だけど、何読めばいいの?っていう生活をとりわけ大学生活では送ってきたのだと思う。

で、なんでこうなったのかというとスイッチが入っただけのことなんだけれどwまず、おもしろいと言われているマンガを読もう!!!というw
ほとんど本屋で平積みされているものばかりですからわかりやすいですね。
0か100しかないので、1巻だけ買って面白かったら次の日全部買いにいったw

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃
海街diary 1 蝉時雨のやむ頃
随分前から、大根仁さんがすすめていたから気になっていたものの、マンガへの出費を渋っていたために買われなかったマンガをこのマンガ強化月間wに買いました。
やっぱり!だった。よくよく考えたらドラマチックな展開がたくさん用意されているのに、とても丁寧な描写がされているために常に独特の空気を保ち続けているマンガだなぁと感じました。
感情描写、物語の緩急がステキ。
あとは、舞台が鎌倉だからなおのこと!鎌倉を知っている状態でこのマンガを読めるのはとても幸せだなぁと思います。

娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)
娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)
多分、海街Diaryのとなりにおいてあるから、サブリミナル的な感じで私の脳に刺激が与えられ続けていたのだと思いますw
そして、これはねぇ。恥ずかしいぐらいドハマリしてしまった(笑)
多分いわゆる、カレセンな部類だと思いますので、あぁついに触れちまったなぁという気分なのですが。
30代も後半に差し掛かる大手電機メーカーに勤める女性と、51か52の哲学者のラブストーリーだよ。
簡単に言うとwでも、そんな浅はかなもんじゃないんですよ。
そして、このおっさんがマジでかっこいい。京都弁設定もかなりにくいですね。ほんとにね。説明をはじめると、すごい文章の量になりそうだからやめる。
はじめは絵が苦手かもと思ったけど、慣れたかな。
そして、マンガ読みながら「これはきっと・・・」と思ったんだけど予想は的中でBLも描かれていた作家さんなのですね。格段に男性が魅力的だからわかります、はい。
よつばと! (1) (電撃コミックス)
よつばと! (1) (電撃コミックス)9巻発売時に、ついったのTL上でやたら「よつばと買った」がいっぱいだったので、ずっと気になっていた。あと「よつばbot」が「428」をつかっていたのもポイント。というのも、私の誕生日が4月28日だからw
友達に私は大丈夫そうでしょうか?と聞いたところ1巻大丈夫なら、といわれ買ったのですが結局全部そろえていました。よつばのとうちゃんと結婚したい、そう思っていますw
君に届け (1) (マーガレットコミックス (4061))
君に届け (1) (マーガレットコミックス (4061))これは、実写化のニュースのときに、男性の方がむしろ話題にしてたので気になっていました。随分もう前から人気だったみたいですがwで、アニメでやっていることを知り、そのアニメを一気にみてしまい、続きが気になって結局全部買ってしまったパターン。OPテーマが頭から離れんw胸キュンしています。高校生の妹とも話題が共有できるのもいいです!笑
宇宙兄弟(1) (モーニング KC)
宇宙兄弟(1) (モーニング KC)ずっと、表紙が気になっていたのでこのタイミングしかねぇ!と思い買いました。まっすぐな話でおもしろい。宇宙いいなぁ。3月中に9巻でるみたいだからちょうたのしみ。
ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)そもそもはマンガ大賞1位ってどんなもんや?という思いで買ったのですが、おもしろかったです。カルタ熱い!末次さんの絵が好きだなぁわたしは。かつて別冊フレンド読んでたときもそうだったなぁと思い出しました。

一気にわたしの部屋のマンガゾーン、ボリュームが増しました。引越前に(笑)
これまとめている途中で思ったんだけど、わたしは「おもしろいマンガをよみたい!」っていうのはもちろんあるけど、どちらかというと「なんでウケてるのか知りたい」という欲求の方が強いのかも。

しかしながら、何かおもしろいマンガを教えてもらったなら、いまならすべて大人買いしてしまいそうな感じです。家にわりとあるのに、ぜんぜんはまらなかったのは浅野いにおぐらいか。これにはまらなかったことに関しては、何か自分の感受性的なものに欠陥があるのか?と思いました(笑)

よりあえず、10日に娚の一生の3巻が出るみたいだからワクワクしています!
イェーイ!(日々人風w)

| ZAKKI | T(0) | C(0)
「じゃ、シロクマいこう、好きだと思うよ」
といって連れられて、いってきました。
渋谷のドン・キホーテの近くにあります。

ビルの3F。
エレベーター。
降りる。

IMG_0407_20100305010618.jpg

あ、こういう感じか(笑)


| ZAKKI | T(0) | C(0)


ちょっと前に、ついったで話題になってたやつ。
ちょうかっこいい。
オーケストラのライブいってみたいなぁ、ってコンサートか!

そして、おそらくみなさん、これを連想しもしライブで見れたら大興奮だろうなぁと思ったことでしょう。
わたしは思った。2万までなら払う、それぐらいみたい!笑




ライブとかやらないか?



| ♪音楽 | T(0) | C(0)
最近、食べ物ばっかりだな。
逗子のカッフェ―、coyaにいってきました。オズマガジンのかふぇー特集に触発されて。
(というか、トップページwミーハーw)
IMG_5625_20100304133845.jpg
ゆらりと電車にゆられて(といっても近くなのですが)
お日柄もよく、ニコニコしながら駅から歩くこと数分。
端から見たらニヤニヤしていただけかもしれません。
川のそばにあります。
川は美しくはありませんが、この際、清流をご想像ください。

古いお家を改装したらしいお店。
フードコーディネーター、根元きこ(リンク先はロハスブログです。ロハスってこういうことを言うのかぁ)さんのお店だという。
店内は、うろたえるほどわたしの大好きな内装で、実際めまいがしました(笑)
え?こういうのなんて表現すればいいの。
センスがいい人のやり方だなぁと思いました。センスのいい人は、それに嫌味がないです。思想のある内装です。よくある古道具、古家具もとにかくお店に溶け込んで、きっとここに来るためにこの家具たちはひっそりと年月を越えてきたんだろうなぁと思うようなものばかりでした。
勉強になった。

IMG_0384.jpgたしか、パンディッシュだったとおもいます。
あったかい味がしました。
素材の味というか、素朴な味。
ゆっくり食べるから、とってもよい満足感が得られる。これは、やさいいっぱいの料理でもなんでも言えることだと思いますが。

おいしく頂きました。

また近々いくつもりです。
今度は別メニューを注文しよう^^




| ごはん | T(0) | C(0)
ダウンロード開始時にはサーバーが落ちたとかなんとか。
なかなか、ダウンロードできなくて多くの人がモヤモヤと完了するのを待ったとか。
そこにも、いろいろなお話と人の暮らしがありましたw

クラムボンが、8thアルバム収録曲「tiny pride」を高音質HQDでフリー・ダウンロードということで、私もダウンロードしてみました。

私はぜんぜん歌詞を聴かない人間、いやむしろ歌詞が邪魔になることの多い人間なのですが←
今回はそんなひねくれた私にも素直にすっとからだのなかに歌詞が入ってきました。
これには、自分でも驚きました。

多分これは、クラムボンの音作りのなせるところであり、原田郁子の歌声の力なんだろうなぁとしみじみと感じています。
終盤からの盛り上がり、とくにすごい。鳥肌たった。

わたしはこの歌を聴いて、この歌を野外ステージでライブの終盤に歌うクラムボンの姿がふわっと頭の中に浮かびました。野外フェスの夕暮れから、8時終演まえの野音かなぁ。
最後の最後にみんなをまた震撼させて、クラムボンって最高だなって再確認させて、そしてクラムボンがあることをありがたく思っちゃうような曲。

ダウンロード期間は2010年3月1日(月)12:00~2010年3月8日(月)12:00です。
無料だから、ぜひダウンロードして、そして音を聴いてみてください。
(ちょっとDLに時間かかるかもしれませんが^^;)


| ♪音楽 | T(0) | C(0)
最近買ったCD。
すいません、まだ聴いてません。
オモヒデ オーヴァ ドライヴ
オモヒデ オーヴァ ドライヴ
なんでいまさらという1枚。音源もっていなかったので、七尾旅人のUSTライブ後、いてもたってもいられなくなって買った。


The Second Coming
The Second Coming
ついったで紹介されていて、襲撃を受け爆笑していつの間にか買っていた。よくわからない謎のひとたち。
30年以上前のサウンドですよ。新しすぎる!興奮の1枚。


The Ultimate Collection
The Ultimate Collection高田渡の特番後気がついたら買っていた。
高田渡がいかに影響を受けているかがわかる。あ、これはあの曲に似てるな!とか思う。かっこいい。フォークさいこう。


SANDO
SANDO
待ちに待ったTEASIのアルバムです。
落ち着いた状況でしっかり聴きたいと思ってまだあけてない。

すき間、静寂を音楽として感じさせてくれる人たち。


Even Kick Soysauce
Even Kick Soysauce
これはね、neco眠るです。そろそろちゃんとCDもっておこうと思って買いました。
わたしは、お祭りに弱いです。日本の盆踊りを感じさせるものとかw

neco眠るもすごいけど、ニカさんさすがw

21日にDJをやるから(内輪でw)いまから何をかけようか、考えてわくわくしています。
宿題、引越し、いろいろやることあるのに、後回しにしすぎ。
泣く。

| ♪音楽 | T(0) | C(0)
先日、ここに行ってきました。
ずっと行きたかったけれど、なかなかきっかけがなくて行けなかったお店。
渋谷の鶯谷にあります。
ヴィーガン仕様のお店です。

もともとなんで私が知ったかいうと、店主の方は「map」という雑誌編集プロダクションのような、イベンターのような、音楽レーベルのような、なんかよく分からない小さな集団を完全インディペンデントにて主宰されている方でブログより転載)もともと、私がそのmapが主催するレーベルcompare notesから出される音楽が大好きだったことがきっかけ。
このお店の内装をミュージシャンの方々が手伝っているという記事とかみてwわぁいきたいって思ってました。
あとは、円盤ジャンボリーでおでんを食べたことが大きかったかなぁ(笑)

とまぁ、きっかけを語ったところで写真。
ランチにお邪魔しました。
ランチの内容は、メニューの中から、3品セレクト+玄米ご飯+味噌汁+セットドリンクというもの。
(たとえば、3月1日はこんな感じです)
で、1,000円。安い!
IMG_5610.jpg
うわぁ、おいしそう。
IMG_5611.jpg
なんだったっけ。(きのこのラープだったような・・・)
IMG_5614.jpgひよこ豆のスパイシー煮込み
IMG_5615.jpgベジミートの唐揚げ チリソース
です!

ベジミート、初めて食べたけれど肉をいっぱい食べれない、若さのかけらもない体質になってしまったわたしにはとても好きな感じ。大豆の風味がやはりします。おいしい。

なにが入っているんだろう?ともう興味津々でいただきました。
おいしかった。玄米ごはんもすごく好きだし。
雑穀のはいったごはん、噛む感じと味がでてくるかんじがとても好きです。(白米はあまり好きじゃないというw)

おいしかった。
連れ合いの人も食べ物にめちゃくちゃ興味のある人で、かなり嗜好のあうタイプなので楽しかったです。

人の食物をみて、うらやましくなって頼みました。
IMG_5616.jpg卵なしでどうやってつくるんだと考えました。おいしかった!


とてもおいしかった。またいきます。
あたりまえだけど、かかっている音楽がよかったです。いい時間を過ごさせていただきました。

IMG_5618.jpg
渋谷、代官山?とかぶつぶつ言いながら歩いてるところでみつけたお家。
泥棒もはいれません。
おそろしや、猫の侵入すら許さない。
ガラス、怖いよ。ガラスw
爆笑しながら写真撮りましたw


| ごはん | T(0) | C(2)
いま、横浜美術館で束芋展がやっているので先週行ってまいりました。
美術館に入ったところから演出されていてすごかった。
確か、わたしがはじめて束芋をみたのも横浜美術館だったように思います。

今回の作品のテーマは「断面の世代」ということで、この言い回しはまさに「団塊の世代」を意識したもの。

30代半ばを迎える束芋が、本展でテーマにするのは、自らの世代感と世界観そのものです。近年の作品で束芋は、現代の典型的イメージをつなぎ合わせるような作風から、指、髪の毛、内臓などをモチーフとする、より内的な作品へと表現の幅を拡げてきました。本展で束芋は、そこからさらに展開し、自分を取り巻く世界、昭和を知る最後の世代である同世代の感覚、異なる時代に生きた同年代の人々を見つめ直し、新たな作品世界を切り開いていきます。
⇒展覧会概要 | 束芋 - 断面の世代 | 横浜美術館



今回の展覧会の目玉である、大型の映像のインスタレーション。
これが本当にすごかった。こう、異空間につれていかれる感じがするのです。
あとは、独特の生々しくもリアルでしかしながら、創造的な身体の描写はとてつもなく感性を刺激するものがあると思います。



わたしはライブも美術館もこう異空間を見る感じが好きです。
なんか引き締まる思いがするし。

これは、わたしのもし仮に日常の一部になったところで変わることではなくて、やはり人の発する大きなエネルギー、主張に向きあうとき同時にわたしにも力もいるわけだけど、その感覚が楽しいのだと思う。

もう明後日までみたいですが、お時間があればおすすめです。


ついでに、写真も。
IMG_0369.jpg関内にある、カウンターだけのフランス料理屋さんのランチ。今週の日替わりランチはポークジンジャーでした。実に手際のよい、お料理の風景がまさに間近で見られて興味津々。
おいしかった。またいきたい。
IMG_0370.jpgみなとみらいまで歩いたんだけど、わかります?この壮大なるミスw

670km 赤レンガ倉庫

となっているのです。下の横浜ワールドポーターズは430m。
この2つはとても近くにあるのです。
670キロ先に赤レンガ倉庫があるとしても、標識は必要ないだろう。

なんで、未だになおってないんだ?ちょっとぐらい気付いた人もいるでしょうに。
IMG_0365.jpg
やっぱり、ここが好きだな。
なんか、この日は、この風景に束芋を感じました。
集合住宅とみなとみらい。

| あーと | T(0) | C(0)
こんなことが一番たのしいから、わたしたちは・・・・
久しぶりに、スカイプを開いたら、なぜか以下のような流れになりました。
とても卑屈で、ひねくれた目線でこう実は綿密に存在する(しているように思われる)文化的ヒエラルキーwのなかでの、正しいふるまい、正解、「一周回った感・通ぶれる受け答え」と真剣に向き合った(笑)
これは、とある記録。
まるで、会話分析みたいー(ちがうけどね)

「結局、◯◯なんだよね」

なぜか、妙に楽しくなり、ついったでもハッシュタグをつくってしまいました。
「#kekkyoku」笑
いま、見返したら「一番なんだよね」っていう文末になってるのが多くてしまったと反省していますw
しかしながら、ただの私情も混じっています。

すんごい長いけど、これはわたしたちの記録としてのせときます。
わたしたち、とても生きづらいですw



| ZAKKI | T(0) | C(0)
これ、すごすぎる。

第一弾からこのメンツ。

ぜったい、行く。
うん、行く!!!!!!

あぁ、でもなんで土曜日にしてくれないんだろう。
でも、途中でかえることになっても行きたい。
いいでしょ、これぐらい、お願い、行かせてください。

Shimokitazawa Indie Funclub


以前は、行ったライブのことばかり書いていたけど最近はぜんぜんちがってきてるなぁ(笑)
昨日は細野晴臣さんがやっているライブに行ってきたよ。
先月も行ったのです(先月はコーネリアスがでた!)
イベントと言う方が近いかな?
すっごく特別な時間だった。
わりと、最近、またライブ鑑賞活動復活しています。

今後行きたいライブもいっぱい。どうしよw
春からの新生活のせいで、いろいろチケット買えてないけど、おざけん、くるりは行きたいなぁ。Album leafもみたかったけど、無理だしね、SAKEROCKも見たかったけど無理だしね、Vashti Bunyanはいけるかなぁ。
あとは、キセルみたい。
旅人くんみたい。
トクマルさんみたい。
神聖かまってちゃんもみたいw
フジロックの第一弾も出た(観たい人いっぱいいる)
Springfieldsはなにやら楽しそう。

いけるのかぁ、わからなすぎるw

ライブ熱が蘇ってきた。そうだ、こうだった。
まだ、オトナにはなれません(笑)

| ♪音楽 | T(0) | C(0)


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 はながたそうしょく, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。