ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしの、どつぼ☆キュルン←
な本を見つけました!!!!10月の終わりに発売されたばかりらしいのですが、この本の存在を知って、調べて、即行でアマゾンで注文した1冊。
ツイッタでもつぶやいてましたが、これです。

FLAT HOUSE LIFE 米軍ハウス、文化住宅、古民家……古くて新しい「平屋暮らし」のすすめ
もう!これ!あたしのための本じゃん!と表紙の文句を見ただけで思ったのですが、中身ももちろん裏切っておりません。
タイルばりのお風呂とか、こじんまりとしたキッチンとか、年期の入った床とか!
むきゃー!と興奮マックスでページを読み進めること必至。

一昨日届いたのですが、暇があればめくっています。

タイトルの「FLAT HOUSE」という言葉。
これは、日本人であるわれわれに分かりやすいようにこの本では使われている表現なのだそですが、英語では正しくは「One stride house」というそう。
そもそも、なぜ私が平屋に魅せられるようになったかというと(自分でもいつの間にか熱狂的に好きになっていた感が否めないので説明しにくいのですが)「団地(公営住宅)」が好きになり、つまりは、古い住宅がものすごく好きになって行く中で、平屋の古き良き味わいとともに、こうコンパクトに一軒家というその佇まいに惹かれていったんだと思います。

あと、だいたいまちで見かける平屋って、お庭があって緑が多かったりして、そこも好きなんだよな。

小さい頃は3階建てのおうちとか、きれいなでっかい家ばかりに目がいっていたのに、今では古いうちに住みたいとそんなことばかり考えています。
人の暮らしとか温かさが感じられるような、ありふれていると思っていた住居にこそ最大の魅力というか、おもしろさがあることに気付いたというか。
とにかく、ぴっかぴかの床より焦げ茶の床が好きというか。

正直、リノベーションだリフォームだなんだといっても、利便性だけにとらわれてひたすらモダンに変えてしまう某番組(なんということでしょう)なんてうんざりだぜ。
難があったってかまわないから、わたしは平屋に住みたい。
むしろ難ウェルカム。
すきま風が吹いていたってかまいませんw

IMG_4849_20091113035813.jpg
我が家にやってきた、本。
IMG_4851_20091113035813.jpg
ほら、中もかわいいよ。タイルの浴槽ですぜ、おやぶん!
scan10239_2.jpg
著者の方のブログから拝借しました。
この本の魅力は、平屋の間取り図が描かれていること。妄想がふくらみます。
そしてイラストがキュート。
scan10240.jpg
ほら
scan10241.jpg
どんどん
scan10242.jpg
この本がほしくなっていくでしょう?(こうやって、私はぽちっとしていったのですw)

2009.10.29 本日、発売です: Let-Him-Run-Wild:著書の方のブログ
Marble Books 既刊の紹介 FLAT HOUSE LIFE

| あーと | T(0) | C(2)



こ、こんな本があったとは…なんということでしょう。

びんびんきました。たまらんですね!
私もこういうの大好きです。
【2009/11/13 07:33】 URL | moe #zD1wxAVg[ 編集]
>moeさん
こんばんは。
こんな本があるんです。すごいですよねー。
著者の方の主義主張も垣間見えてほんとにアツい本だとおもいます。
見てみるといろいろな想像ができて楽しいと思うので、おすすめです。
たまらんですね^^
【2009/11/16 01:21】 URL | 8 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 はながたそうしょく, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。