ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるり対バンツアー2006 ~毎日が地蔵盆~に行ってまいりました。
豊橋、遠いよ!オイ!
LAHAINA、駅から遠いよ!
岐阜から豊橋 片道1890円
豊橋駅からライブ会場 1600円

くるりと過ごす時間プライスレス笑

昨日は、RIJFのなんとなく鬼気迫るくるりのライブとは(これはまた書きたいのですが、すごかったのです。岸田さんが納得いかなくても、心奪われざるを得ないライブ)打って変わって、和み系の、憑依した岸田繁をしばしば見られる、かなりよいライブだった。

以下レポです。いつものごとくかなり長い。


18時開場、19時開演というライブ。
苦労の末到着したのは開場10分前。
ラハイナは外観は倉庫です!キャパが小さいことがよくわかる。
お客さんの印象は「大人やなぁ」って感じでした。
おしゃれな人が多い!

物販関係は、RIJFで済ませていたので、
ハイラインでもう買えなかった、グッドさんのゴブリンを購入しました。Tシャツも非常にかわいかったけど、お財布と相談して諦めるw

◆GOOD DOG HAPPY MEN◆
くるりと対バンが決まる前から、聴いていたので、結構なヘビーローテーションなバンド。あと、JAPANのインタビューもかなり印象的でときめいたバンド。「等身大よりちょっと背伸びしたぐらいが俺は好きさ」という言葉にワタシは惚れた笑
始まる前からワクワク。
後ろの人が、グッドのかなり熱いファンらしく、開演まではその人たちのお話に聞き耳を立てておりました(笑)

1曲目はおそらく、Sweet heart of moonなはずです。
音が鳴り始めて、門田さんが歌い始めたとき「きっと」「おそらく」
が「やっぱり」に変わった瞬間だった。
歌声がCDで聴くより、格段に広がりがあり、体にしみ込んでくる感じがした。
圧倒的な空気を、オーラをもつバンドだな。と感じる。

あと、こうやって言ってしまうのは、かなり御幣があるかもしれないし、軽率かもしれないけど、ライブで門田さんの声を聴いた時、
ものすごく「藤原基央」を感じました。風貌というか、井出達も細身で白シャツだったし、なんとなく相通ずるものがあるのですが、声の通り方、質が似ているな・・・と。普通にしゃべったときのものすごく声のいい感じも、なんとなく似ている。
ライブ後、友達に話したら、
「ワタシはCDで聴いた時からそう思ってたよ」
と軽く言われました(笑)

こうは言っても、グッドは紛れもなくグッドで、形成される雰囲気はどこでも味わえない、独特なもの。
ものすごくウキウキして、途中かなりワタシはニヤニヤしていたと思う。
「なんやこれ!」と叫びたくさえなった。
ドラムが2つというのも、独特です。
ギターとベースが去って、ドラマー2人が残って、バシバシ思いっきりやって最後に散々オーディエンスをビートでのらせておいて去っていくというのが新しい(少なくともワタシはそんなバンド見たコトがない!)
おもしろいです。
この世界観、音、体験しないと損。

基本的には、セカンドアルバムもMost beautiful lifeが4曲、
ゴブリンから1曲、あとアルバムには入ってない曲が2曲演奏されたはずです。
最後の、「ボンボン」とところどころに入る曲はなんなんだろう?
ニヤニヤ最上級です笑
岸田さんが「ニューカマーのなかで、1番変態な(いかれた?)バンドです」といってましたが、まさしくそのとおり。

ぜひ、ワンマンにいってみたいです。

◆くるり◆
どれほど、この日を待ったことか・・・

くるり、ハリーポッターを思わせる音楽で、いつものように(最近)マント帽子姿で登場(笑)
にしても、なんで、どうして岸田さんの帽子はスタッフの人がはずすということになってるんだろ・・・w
あの演出は一体なんなんだ笑

The Verandaでスタートです。
岸田さんの喉を心配してましたが、声は出ている感じ・・・よかった!
大好きな曲です。
早速持ってかれる、ワタシ、会場。

続いては、誰もが認める名曲ばらの花
この日はキーボードはなしだったので、ピアノのあの音はなしでしたが、十分。なくても、なんか自分の中で鳴っている、なんとなく聞えてくるような、そんな感覚を抱きました。

ここのMCで、久しぶりの豊橋、そして、なかなか豊橋ロックバンドこないでしょ?くるりはもう4回くらいるきてるんちゃうかな?とのっけから、アピールする岸田さん。これに対しては、「何はじめから、こんなことアピールしてんねや」と自分で突っ込んでました(笑)

続いてはです。
なにか、今このレポを書きながら、すごくライブの情景というか、ステージの様子が思い浮かんでるんですが、岸田さんがめちゃくちゃ楽しそうでした。海中のワカメのようにゆらゆらと揺れるオーディエンスと共に岸田さんもサビあたりから、思いっきり横ノリ。
空気が粘りをもった。こんな風に表現できるかもしれませんね。
いやぁ、すごい。

次、尼崎の魚
1stシングルのカップリングですね。
かなりな名曲。隠れた名曲。
これは曲後のMCで、
「めちゃくちゃ好きな曲なんですよ。でも、今までカップリングやからあまりライブでやれんかって。」
「当初のくるりは、デビューしてシングルにするならこれやろ!みたいな曲やった。今回、ベストにいれることで、ライブでできてうれしい!」みたいなことをおっしゃってました。
で、このMCは次の曲の導入にふさわしくないと、判断した岸田さん
「目を閉じて、星空を思い浮かべてください・・・」
すると会場から、1人
「え?」
の声。
岸:「えっ?って笑」
ここは深夜の住宅街です・・・的なお話。

そしてTonight Is The Night
この曲。ワタシはアルバムの中でそこまで、お気に入りではなかったのですがRIJFで、聴いてここで聴いて確実にすごく好きな曲になっている。

ここで、いきなり、Juiceを歌いだした岸田さん。
しかも、かなり適当w
普通にCDを聴いて誰でも聞き取れるところ、あとおそらくくるりメンバーがお気に入りのところを歌い、難しい?ところは「○※△◆☆♪・・・」てな感じで済ませ、PESさんのところは、すかさずまたしても適当に達身さんが参戦w
すばらしいw
この流れから察しのつくとおり、続いてはナイトライダーです。
ベースがかっこよい。思わず佐藤さんに見入ってしまう。

とまぁ、こんな感じで、かなり和やかなムードでライブは進んでいきました。ワンダーフォーゲルリンリン辺りから、タテノリが激しくなったのでワタシは前線から離脱w
岸田さんは佐藤さん後方のアンプに登ったりそこからバーンと飛び降りたり、一緒にタテに跳んだり、佐藤さんの方を向いてかなり笑顔で弾いたり、会場全体が心地よいノリとリズムに包まれている、幸福感にあふれたライブでした。

そしてラスト1曲前、ノリノリなMorning Paper
しかし、どうやら、本当はこれがラストの曲だったらしく、
岸田さん「すんません、まちがえました」笑
そっかぁ、だからはじめ佐藤さんがすごく、岸田さんに合わせた!って感じだったのか笑と気づく。

で、ラスト「気合入れてやります」
Baby I love you です。これはこれで非常にラストにふさわしい。
なんてあったかい曲なんだろう・・・としみじみと感じる。

アンコールです。
「すごい楽しいライブでいいライブやったと思うんやけど、曲順まちがえてしまったから、はじめ落ち着いた曲やろ意うと思ってたんやけど、、昔の(初期の?)のれる曲やります」
なんと、アンコールでオールドタイマーです!
ハプニングに感謝、ナイスミス!岸田繁!!!笑
これはまさしく、ワタシのくるりの入り口!!!!
大好きな曲!
まさか、ここで聴けるとは!!!!
すごくすごくうれしい!
前奏のメロディー。
「釣掛駆動の戦前生れのオンボロ・・・」
このフレーズを始めて聴いた時に受けた形容しがたい衝撃がよみがえってきた。
泣きそうになった。泣いていたかもしれない。
やはり、かっこよかった。

2曲目はロックンロールでした。
この曲が終わると、マントを裏返しにして、派手な柄をお披露目して、岸田さんは帽子をかぶせてもらって、深く礼をしてくるりは去っていきました。


こんな素晴らしいエンディングを迎えたライブw
しかし、ワタシはアンコールの岸田さんのMCが忘れられないw
岸:「チ○チ○かゆい」
佐:「いかんやないですか?(こんな感じw)」
岸:「いや、いやなかゆさではない、心地いい感じ・・・笑」
なんやそれ(笑)
ワタシはライブで、くるりが大好きな、このネタ?笑が聴けてすごくうれしかったです(笑)

他にも、ライブ序盤のMCで
客:「のど大丈夫?」
岸:「のど?まぁ、回復傾向ですわぁ」
岸:「平井堅のように歌いますわ、アイワナビーユアポップスターですわ!」とも途中でおっしゃってましたね。
岸田さん曰くクリフは平井堅が好きらしいよw

岸:「豊橋名物食べよ思うて、ちくわ?とかおもって、どっかの食堂入ってちくわ定食でもないかな?って思うてさがしっとったんやけど・・・そこで、オムライス食べたんやけど、めちゃめちゃ美味しかったんですよ!僕、オムライスとかに感動とかする人間やなくって、セレブやから笑なんや、ポワレとかジュンサイとか笑」
大:「なんでそこで、ジュンサイなんですか?笑」
岸:「いや、横文字思い浮かばんかって笑」
というようなMCもありました。

今回のライブ。
ワタシにとって初めてのライブハウスで見るくるりでした。
岸田さんがどこを見てるのか、目線まで見えるそんな距離だった。
(岸田さんは演奏しながら、かなり会場の隅々まで見ていると思う笑)
感無量とはこのことだな。
そんなことをワタシはしみじみと感じました。
くるりはあくまでもくるりであり、そこにあったのはまさしくくるりの音楽だった。ずっと体感したかったものが、そこにあった。
やっぱ、すごいわ。
強く感じています。
本当は、次のくるりのまぜごはんライブも、名古屋で行きたいのですが
やはり無茶なので、親にそんなことで帰ってくるな!と言われてしまうので、東京で見たいと思います。
楽しみだ!



セットリスト

グッドドッグはわからない曲があるので省略。

◆くるり◆
1.The Veranda
2.ばらの花
3.虹
4.尼崎の魚
5.Tonight Is The Night
6.ナイトライダー
7.ring!ring!ring!
8.ワンダーフォーゲル
9.Morning paper
10.Baby I love you

enc.
1,オールドタイマー
2.ロックンロール




| LIVE♪ | T(0) | C(0)

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 はながたそうしょく, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。