ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオコラ!~東京環境会議~

感想をかこうw
もうキャストがすごいんですよね、好きなんだよな。

小泉今日子
中村獅童
中川翔子
佐藤江梨子
堀内敬子
バナナマン
塩谷瞬
コンドルズ
水沢エレナ
満島ひかり
MEG
すがぽん
岩松了
YOU
山西惇
いとうせいこう
古田新太

茂木健一郎(脳科学者)
山本良一(工学博士)

すごい!はずしがない。徹底しすぎだろ。狙い過ぎだろ。
そして、いわゆる”シュール”としか形容のしようがないもの、そういうものも好きだから仕方ない、これが私が興奮する理由。そして、それをちゃんと「そういう」役者さんたちがやってくれているという贅沢感。
さらには、クリエイターっていう人たちがやはり何か自分のセンスを見せるべく、なにやらやっていて、ある種、先鋭的な番組の見せ方にため息。
認めざるをえない!
結局のところ、なんかおしゃれぶった、こういうの大好きすぎるのだ。

まず、大きなくじら(絶滅危惧種)とお話するしょこたん。
これはなにやら、カリキュラマシーン的な、ウゴウゴルーガてきなものを感じました。
それより、sakusakuっぽいかなw

そして、カラフルなゴミ袋の山の中にいて、カラフルな衣装をまとった古田新太がなにか「エコな」シャレをぶちかまし、バカみたいに笑っているというそれもまたなんやと。
この二つは数々のショートムービーの合間に挟まっていきます。
「地球をヒートアイランドにした、ひーとはいらんどぉ・・・なんてな!はーはっはっ」
(真顔に戻る)
「なにっ?!」

なにっw

とくに記憶に残ったのは・・・全部よかったんですが、

まず、小泉今日子と岩松さんが登場するもの。
二人は夫婦でお茶をしていて、なにかの雄叫びがきこえてくる。
最近、野良が増えて困るという。
昔は日本にはいなかったらしい。
二人の会話、間、新聞を読む岩松さんが絶妙w
で、その野良は、夫婦のお家の二階に入り込んできます。(岩松さんが窓を開けっ放しだったというね)
なにやら、殺虫剤的なスプレーをもって、2階に行く小泉さん。
1階に鳴り響く、格闘するものすごい物音(悲鳴まじりw)。
戻ってきた小泉さん
「逃げられた・・・」(小泉さんいい顔)
岩松さんの表情、まじまじとみると意味がよくわからん、ニヤニヤw
www
野良の正体は、南方系の生物(ターザン的な中村獅童)笑

で、締め、こんな文字がでてきます。

「温暖化による気温の上昇で 南方系の生物が急増
日本固有の生態系に影響を及ぼしています」


これ読んでるのバナナマンですかね?笑

もうひとつは、
夜の夫婦の寝室。
眼鏡をしていないいとうせいこう(一見誰だかわからんw)そしてYOU。
夫婦!
妻を誘う、せいこう。拒むYOUw
「またー」「いやなのか」www
まず、ここで爆笑w
襲いかかるせいこう、すかさず、「あの子と別れたの?」といきなりの攻撃にはいるYOU.
うろたえるせいこうw
で、そのまえもそのまえもそのまえも、愛人の存在を知っていた、知らないと思ったの?という強い妻。
で、夫の「慰謝料ふんだくって離婚するつもりか」に対して、
「しないわよ、そんなこと。だって結局こうやってわたしのところに戻ってきてくれたんだから」といって布団に潜り込む妻w
ここの、いとうせいこうの顔最高です(笑)
で、アツい夜です、っていうね。

で、最後のオチがいいw

「地元で取れたものを食べる
それが結果的に環境にいい生活」


オイ!


3つ目はバナナマンかな。
まず、二人の姿をみて爆笑。でた、完全にヤンキー夫婦ですよ。
もちろん日村さんが女役です、しかも若干浅野温子を感じさせるw
どうやら、このヤンキーな夫婦は誕生した子供に名前を考えているらしい。
で、はじめは
「藤川龍之輔」
ちょーつよそーじゃね?というヤンキー設楽w
固い、画数が多いと難色を示すヤンママ日村。100まで生きるとして、すんごい名前書くと紙とかペンとか超ムダになる、と言い始めるヤンパパw
「おめ、すごくね?エコじゃね?」
www
「こっちのリュウノスケだったらシンプルじゃね?」

竜之介(ノートに書く)

シンプルだわw確かに。
しかしながら、もっといけるとヤンママ。
延々とつづく、このくだりw
で、さ、結局。
「藤川一」っていう名前も地球のために却下w

で、最終的に名前は・・・
「藤川」のみ笑
名前なし。名前は全部エコるっていうオチ。
「藤川」とベビーベットに向かって呼びかける二人www

そして、最後の言葉。

「無駄を省くことは大事
でも省きすぎに注意」



うまい!笑

これ、設楽さんが考えたのかな?
お話とか、内容、台詞がかなりバナナマンだったからそうだと思ったんですが。
不良っぽさが、不良の語彙が、やりとりがww
SKYDIVINGの「おれーまじでー空飛びたいんだー」的な感じで笑

古田新太さんが主役ででてきた、2つの話も無理ありすぎでかなりおもろーでした。
ビール瓶で歯磨いてたし。
オチはエロっていうどうしようもない(笑)

だれがどれを作ったのかがよくわかんないんですよね。
ただ作家のピエール杉浦っていうひと、シャキーンの放送作家さんらしいから、しょこたんっぽいなと思ったんですが。
てか、全体的にエロネタをすこしずつ入れてるところがw
合間の「環境と欲」のアートな見せ方もかわいかった。
よかった、ツボだった。
最後の食材を使った作品もすごいよかった。いいなー。

全体的に、テーマというか見せ方に一貫性があって、なんか「エコ」っていうのがメッセージなんだけど今の肯定されがちな「エコ」な態度すら批判的にとらえているところもあって非常に共感を抱きました。

おもしろかったので、またこういことやってほしいなと思います。
民放も深夜はやっぱり、おもしろい。
なんかやってやろう!と思ってやっている人たち、それを汲み取るところが民放でもこっそりちゃんと用意されているんだなー。
ぜひ、またを期待しております^^

追記:
どうやら季節ごとに今後も放映予定らしい。
てか、ブラッドベリ・オーケストラ?いまのとこ、ボーカルは覆面という位置づけをされており注目されているらしいのですがw、モーニング娘的なものにしか聞こえないんだけど(笑)
アイドルユニット?笑

| あーと | T(0) | C(0)

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 はながたそうしょく, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。