ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百万円と苦虫女をみました
恐ろしく、監督が女性であるということを感じる作品でした。
出会いも過程も別れも恐ろしく乙女チックだと思った。
女の理想なんだよな。
とくに最後。

生々しいようで乙女。
うまくいかないところその感じが乙女。
むごいようでいて結局むごさがないところ、女だと思う。

最後の展開、中島君と大学おんなじ女の子の助言がなんかやすっぽかったかしら。
少女マンガみたいで。
でも、そうなって欲しかったという。
だけど、最後はそうなってくれないという。

しかしながら結局は裏切りの無い作品、という印象。

山のシーン。
鈴子の泊まり込む家の風景がとても好き。

いい映画でした。




| movie | T(0) | C(0)

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 はながたそうしょく, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。