ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOSE氏の日記より考えたこと

わかってはいるんだよ。
いざなにかがあったときには、とんでもないことだし、
被爆国である我々が日本人が原子力というもののリスクをなんとか覆い隠そうとしながらやっていくとうことがいかにナンセンスなことかということが。

人の電気のある生活を守る、安全な暮らしをつくるっていうのが電力会社の公益的な事業でありそれが責務なのです。
そのために、現在、取捨選択として「原子力」しかとりあえずないということ、我々は所詮きれいごとでは生きて行けないし、もしそこを捨てるならそれこそ我々は現在の発展をとめなければならない。
そういうことになってしまう。

確かに、だからといって原子力に頼る、それを国策にするというのはいささか論点が飛躍しているようにも感じられる。しかし・・・ということだ。
我々は決断を迫られているのかもしれない。
しかし、それ以前に我々はそのいわゆる「エコ」に追随する決断ができるだろうか。
所詮、地球にやさしく「生きる」ということ自体が矛盾を含む話だ。

でも、そんなこといっても始まらない。
意識しているようでしていない。
そういう問題を我々一人一人がもっと自覚をもって扱って行く。
なにができなくてもいい。
結局それがとても大事だと思う。

| ZAKKI | T(0) | C(0)

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 はながたそうしょく, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。