ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のライブ雑感、記録としてまとめておこう!


くるりワンマンライブツアー2009~敦煌(ドンファン)~:東京(追加公演)
■2009/6/10(水) Zepp Tokyo


腸長いよw
ながーーーーーい、ひとりごと。
でも、まだ足りないから、明日誰かに話したい(笑)

あまりに長いので、普段あまり使わない、大きな文字もつかってみた。
そこ、ツボなとこですw
いつもどおり、なんというか区切りの2個目の中央に構えましてライブを拝見。
これまたいつもどおり、ちょうどしっかり岸田さんがよく見える位置。
今回は3人編成なんで、とくにw

まず、ライブ1曲目、ミレニアムっていうので驚く。
つぶやく、わたし「マジでw」
佐藤さんの必死のコーラス、飛ばしてます。

そして次、青い空
前奏のギターを聴いた瞬間にわたしはまたつぶやく、「マジでw」
ちなみにうちの部では、圧倒的にくるり、青い空のPVが人気です。
というのも、青い空が発売された当時、中学生ぐらいだった皆々様(わたしは中学のときくるり知りませんw)はスペシャなどで流れる青い空のPVをみて、あまりの変態さというか、はっきり言うと気持ち悪さwに度肝ぬかれ後遺症にすらなり、結局のところ病み付きになっているらしいのだ。
アホすぎる。さすがすぎる。
もっくんがいい味出しすぎてる。

で、次、トレインロックフェスティバルw
もう、軽く目眩がしたwww
岸田さんって、声、渋くなったな!って思ってたんですけど、昔の曲やれば全然、あの必死なシャウトな感じのまま。
やはりめまい!!!w

そして、すけべな女の子
攻め過ぎ。攻め過ぎですよ。

で、ここでやっとMC
今日は記念すべき、アルバム発売日にお越し頂き~という当たり前のMCではあるけれど、一番のポイントは、
「TEAM ROCK」というアルバムが発売になりました。
と言い放ったことでありましょう。
秀逸すぎるwちびまるこちゃんでいう、野口さんのように私と一緒に行った人は「クックック」と笑うw
すごいわ、もう。

で、その後、魂の行方コーナー。
私、まだアルバムは全く聴いていませんでしたので、わくわく。
こう初めて聴くのがライブっていうのは、とっても良くて、なぜならすごく突出して記憶に残る曲っていうのが自分の中でできるからです。
で、それはCDで聴くのと変わってたりする。

ま、しかし、CDで聴いても同じように「二ヤっ」としてしまいましたけど、
リルレロはね、よかった。
「ぎりぎりのらりるれろ」ってなんや!って思いましたもん。
そして、その岸田さんの表情というか歌い方がまさにギリギリな感じでw

そして、その次の曲、デルタ
ライブで何回か聴いたのか記憶にあるので、カップリングに入ってる曲だと思ってたら普通にアルバム曲なのね。
で、ここ、曲終わりぐらいで、

岸田、めがねを飛ばす!

いやー、待ってました思ってしまうというか、めがねが飛んでこそ!というかwww
アホですね。
で、なんか、曲終えたら、さっと下見て、めがねを探すんですけど、すかさず佐藤さんがさっと拾ってあげる感じがよかったw←自重しろw

で、かごの中のジョニー!!!
ノブレスオブリージュ、救世主たらんことを。と一度頭の中で唱えまして(ジョニーつながりでw)
なんてか、この曲はすごく鍵盤がかわいい曲だと思っていて、大好きだけどライブじゃやんないのかな?って思ってたので、前奏が流れ出した時に感動。
いやはや!
歌のとこは、主にベース主体。

かごの中のジョニーと言えばまた、壮大な間奏が入り見物だ!と期待。
そして、期待は裏切られずw
なぜか、第九の流れにそして、仕舞いには、岸田氏、歌い出す始末(ドイツ語w)www
で、途中、BPM高めの冬の亡霊も挟みつつ、ジョニーはこのライブでの一番の盛り上がりをみせる。
いや、さすが、なかなかこういう遊びできませんよね!(べた褒めw)


その後はですね、謎の板のなぞは解けましたか?というようなMCもはさみつつ。
「解けましたか?」という岸田先生の問いに対して、「わかんな~い」と言った男子に向かい、「おまえばーか!」という手のひらを返したコメントが最高。
また、Boboに「ボボ!Do you understand "nazono-ita"?」と問いかけた時、私の後ろのひとが「え、なにあの人、外人なの?」って真剣に彼女に尋ねてたのがおもしろかった。
その後、岸田さん、佐藤さんに「Do you play nazonoita?」と問いかける。
そして、佐藤さん、さわやかすぎる「オフコース」。さすがw
岸田さん、曰く次出るドラクエより楽しいらしいよ!笑

で、残り1曲へと向かって行くわけですが、あれですね、さよならストレンジャーよかったですね。なんか、クーってなりました。
ゆらゆらしました。ドローっとした気持ちになりました。
チアノーゼとか、ライブで聴いたことあったでしょうか。なんかうひょっ!と気になった。

で、アルバム曲で一応、おわり。


アンコールで出てくると、いきなり鳴り響く、津軽海峡冬景色。
真剣に歌う岸田。そして、しっかり合わせる、佐藤さんとボボさん。
なーに、また楽しいことやってんな、さすがやな、おもしろすぎるわ。
って思ってたのですが、これが壮大なフリだったわけでw

以下は、ナタリーでお楽しみください。(詳しすぎるからw)

なんてかね、信じられないわけですよ。
いくら電飾がくるくる演歌調になったところでw多分みんなそうだったと思う。
そしたら、まさかのご本人登場でございます。

石川さゆりwwww

マジびびった。
「えーーーーーーーーーーーーーーーー!」w
着物来てないんで、ま、きれいなおばさんといいましょうか。
2階とかにいた、およそ場違いなスーツのおじさん関係者はそういうことだったのかと納得。
記念撮影もワロスワロスで。

顔見合わせていったこと、「石川さゆり、見ちゃったね」
はい、見ちゃいました。
そして、音博、このチョイス。ほんと、さすが!って思っちゃったですよ!
なんていうwww
ナタリーのとこのコメントに「なんて斜め上」
というのがありますが、まさにw
俄然、音博いきたくなったよ!


で、最後は、リクエストに答えて何曲かやる!という流れになるのですが、観客から飛び交うあれやこれやの注文w
「ロックンロール」「街」「東京」「ワンダーフォーゲル」という、まぁ定番ラインナップを岸田氏聞き取って、あげて行きますが、最後w
私より後ろから聞こえてきた、すばらしい発音で聞こえてきた大きな叫びwwww

「WORLD'S END
SUPERNOVA!!!!


岸「はい」

wwww


われわれ、爆笑。発音よすぎってか、外国人の方の必死のリクエストwはっきりいって、これはジョニーの次にツボに来た瞬間でした。
ごちそうさまでした。

で、結局、飴色の部屋をやり(多分これはきまっていた)
で、すぐ続けて「東京」(多分決まっておらず、岸田が前奏を弾き出した瞬間、佐藤さんとボボが「あぁ、これ!」みたいな感じでニコニコ目を合わせて感じがよかった)

さいご、ホームランとHOW TO GOをやる!
という宣言。

シャバダバダッ!
あぁ、この曲大好き。
これも佐藤さんのコーラスがほんとに、ねー!がんばってる!w

HOW TO GO はなんか特別。
そして、最後の最後で岸田氏まためがねを飛ばしますが(ありがたやw)、ここでもすかさず、演奏後、パッとすばやくローディーの人がめがねわたす感じがよかった。わたし、踏むんじゃないかとヒヤヒヤw
慣れてます、慣れてるw

こうして、盛りだくさんだった、ライブ終了。
思いっきり楽しませていただきました。
全然たのしかった!いや、びっくりするほどたのしかった。
くるり、健在。これね、ひいき目とかじゃなくてほんとにそうですよ。

帰り、物販にて、アルバム購入。
会場で買うと、缶バッチついてくるよ!にのせられた。

一緒に行った方としみじみと話したのは、
「今までライブ行くと、最年少だな・・・って感じてたけど、そろそろそうでもなくなってきたね」ってw
くるりでもそうです。若い子おりますもんね。
まだ、トクマルさんとかギリですがw

ひやー、すっかり長くなってしまった。
夏に一度くらい、くるりみたいなーというのが今の思いであります!
音博はいきます!笑

セトリ(転載w)
1. ミレニアム
2. 青い空
3. トレイン・ロック・フェスティバル
4. すけべな女の子
5. LV45
6. 愉快なピーナッツ
7. 太陽のブルース
8 .夜汽車
9. リルレロ
10. デルタ
11. かごの中のジョニー
12. Natuno
13. 窓
14. チアノーゼ
15. さよならストレンジャー
16. さよならリグレット
17. 虹
18. ベベブ

En.
津軽海峡冬景色

石川さゆり 登場

1.魂のゆくえ(アコースティックVer.)
2.飴色の部屋
3.東京
4.ホームラン
5.How TO GO

| くるり | T(0) | C(0)

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 はながたそうしょく, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。