ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと、日食に注目した1日を送れば良かった!と大きな声でつぶやいたら、
笑われた。

わたしは、ミッシェルを全くとおってない人間である。
知ってる、もちろん知ってる、そして周りは引くほどのガチファンばかりであり、音を流せばみんな大合唱をはじめたりする。
だから知ってるんだ。
そして、かっこいいことも知っている。

だからさ、わたしの知り合いの何人もが悲しんで日記かいたり、メールを送ってきたり、明日は喪服で登校するなんて言ってる中で、実はぜんぜんミシェルを聞いて来なかったわたしは、ぜんぜん悲しくないのだ。

悲しみを共有できないということより、なんかあたりまえなんだけど、
知らない人の死って全然悲しくないんだなっていうあたりまえのこと、ほんっとに当たり前のことを感じてすごく悲しくなった。
ほんとにあたりまえなんだよ。
だけど、すごく不思議な感情がいま芽生えている。

私が今好きなアーティストのメンツからしても、なぜにミッシェルを聞いてないか、それこそが不思議なもんだ。
多分、高校生のときわずかなきっかけでもあれば私は間違いなく聞いていたし、そして死ぬほど夢中になっていた。そして、きっといま、いろんなことをが手に着かないぐらいに悲しんでいる。
ほんのささいな何かで、数年後のある時点の感情が決定的にちがったりする。
あたりまえ、ほんとにあたりまえのことなんだけど。

わたしはいま全然悲しくない。
悲しくないんだよな。

| ZAKKI | T(0) | C(0)

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 はながたそうしょく, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。